• 2020.08.05

    歯痛に効く!「足の三里」と「合谷」

    • ブログ
    本日より、一掌堂治療院の院長とスタッフが実際にセルフケアで使っているおすすめのツボをご紹介させていただきます。
    まず、第1弾は院長より、『歯痛に効くツボ』についてです。

    歯の痛みに効くツボに「足の三里(あしのさんり)」と「合谷(ごうこく)」があります。

    上の差が痛むときは「足の三里」、下の歯が痛むときは「合谷」を使います。

    お灸が適しますが、ハリをしたりチタンテープを貼ることも有効です。

    夜中に歯が痛くなり、鎮痛剤もなく困ったとき試してみてください。

    歯が痛くなり顎も頭も痛くなり眠れなくなった時に、お灸で痛みがサーっと引くことがあり、その効果に驚くことがあります。

    先人の知恵に驚くばかりです。

    「合谷」は手の親指と人差し指の付け根の間、下の写真でお灸を乗せているところです。



    「足の三里」は下の写真の中指のあたりです。
    免疫力アップのツボとして以前のブログ(こちら)でもご紹介させていただいております。


    急な歯痛でお困りの時に、ぜひお試しください!