• 2020.02.06

    2020年度 いっしょう健康倶楽部 会報第25号を発行いたしました。

    • お知らせ
    • いっしょう健康倶楽部
    年1回発行のいっしょう健康倶楽部では、1年間の治療実績をお知らせしています。冊子は受付にて配布しております。ご希望の方は、どうぞお申し付けください。





    1.本年度の健常化例は179例

    平成30年12月から令和元年11月までの1年間に、突発性難聴ハリ治療ネットワークの治療院でハリ治療を受けて健常化(元の正常な状態に戻ること)に至った突発性難聴等の症例は、179例に達しました。少ない治療回数で高い治療効果を出す治療法を模索し続ける中で、本年も「集中漸減療法」が大いに効果を発揮しました。これは病院のステロイドパルス療法にヒントを得て開発した治療法で、1日目は4回の治療をし、2日目は3回の治療をし、3日目は2回、4日目は1回の治療をします。それ以後は、1回か2回の治療をします。従来のハリ治療の概念である1日1回という考え方にとらわれない集中治療によって、早く少ない回数で健常化するだけでなく、従来の治療法では治らなかった重い症例にまで治るケースが出てきたのは大変うれしいことです。

    2. 集中治療の効果が顕著であった症例

    山口県在住の85歳の患者さんのケース。お一人で上京して3日間毎日4回ずつの集中治療をお受けになりました。最初は補聴器を付けても会話が聞こえず筆談でコミュニケーションをとっていましたが、治療が終わった後は補聴器をはずして普通にお話ができるほどに回復され、大変喜んでお帰りになりました。

    3. 1日の治療だけで健常化した方は33人

    遠方から治療に来られる患者さんの症例は多くの場合難しく治りにくいのですが、ほとんど皆さんが集中治療を希望されるので、近年はすっかり治って帰られることが増えてきました。こうした症例は累計で176になります。この1年間で、1日目4回からの集中治療による健常化例54例、1日目3回からの集中治療による健常化例50例、合計は104例で、健常化例全体の58.1%を占めることになります。また、1日だけの治療で健常化した人がこの1年で33例に達しました。これは健常化例全体の18.4%です。健常化例の5.4人に一人が1日の集中治療で治ったことになります。11年前は1日だけで健常化した人は8例だけでした。集中治療によりわずか1日という短期で健常化した例が大きく増えたことがわかります。このように効果の高い治療法ですが、どなたにもお勧めするということではなく患者さんのご希望によって「集中漸減療法」を行わない場合もあり、1週間に1回、もしくは2回といったペースで治療をすることもあります。

    4. 「耳は『首押し』で9割ラクになる!」を河出書房新社より上梓

    ご自宅にいながら自分自身でできる耳の治療法を出版しました。中高年の皆さんを中心にご好評いただき、令和2年の初めには重版が決まっています。

    5.本部の一掌堂治療院のHPを一新しました

    一掌堂治療院のホームページをスマホでも見やすいように改訂して突発性難聴ハリ治療ネットワークの情報も取り入れました。これもおかげさまで大好評です。

    【データ収集の対象】

    突発性難聴をはじめとする耳の症状を主訴として、突発性難聴ハリ治療ネットワーク参加治療院で受診、健常化なさった患者さんの症例を集計した数です。