受付時間:10:00~19:30(土曜 ~17:30)

使用しているハリについて

設備のご案内

「健康」2020年5月号

主婦の友社

MAKINO MOOK
「耳鳴り・めまい・難聴 最高の治し方」

マキノ出版

「安心」 2019年10月号

「主婦の友生活シリーズ」 2019年9月号

メディア情報一覧はこちら

2020.06.03

気象病について

皆さんの周辺に体調不良で天気をピタリと当ててしまう人がいないでしょうか。
これは気のせいではなく「気象病」と呼ばれるものです。
気象病の症状は、頭痛、首の痛み、めまい、耳鳴り、関節炎、神経痛、古傷の痛み、不安症など様々で、日本で気象病に悩む人は1000万人にも上ると推定されています。
近年気象病の患者数は増加傾向にあると言われています。
現代の生活習慣によって気象病になりやすい体質になったり、ゲリラ豪雨など極端な気象現象が増えていることも要因とされています。

気象病の主な原因は気圧の変化だと言われています。
気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようと自律神経が活性化されます。この時交感神経と副交感神経の調整がうまくいかないと様々な体調不良の原因となってしまうのです。
また、気圧の変化に温度や湿度の変化も加わると気象病の症状が出やすいとも言われています。

気象病は耳が敏感な人がなりやすいのではないかとも言われています。
この「耳」とは「内耳」という鼓膜の奥にあるかたつむりのような形をした器官を指します。
近年、内耳には気圧の変化を感じるセンサーがあるのではと示唆されています。
内耳のセンサーが気圧の変化を感じるとその情報を脳に伝えます。
この時内耳が過敏な人は、気圧が少し変化しただけで過剰に脳に情報が伝わり、交感神経か副交感神経が過剰に活性化されてしまいます。

では、気象病はどのように予防すればよいのでしょうか。
まずは、適度に体を動かし、就寝起床時間はなるべく同じ時刻にして、朝食をしっかり食べるなど自律神経のバランスを整える生活をしましょう。
また、気象病の人は耳の血流が悪い傾向にあると言われていますので、耳のマッサージで血流をよくするのもおすすめです。
一掌堂治療院では、耳のマッサージもご指導していますのでお気軽にお声がけください。
梅雨が近づいてまいりましたので、生活習慣を整えて、気象病に負けない身体をつくりましょう!  

2020.05.09

喜びのお声

突発性難聴等の前駆症状が健常化された方から可愛らしい似顔絵のイラストと、ご家族の方から喜びのお声のメッセージをいただきました。
公開の許可をいただき、院内にも掲示させていただいております。

発症後経過日数1年、鍼治療回数17回、
集中治療回数は2回、9歳の健常化例です。



≪院長からの返信≫

不安な日が続いていますが、うれしいお便りと素敵な絵をいただいて、皆で拍手喝采しました。
耳が治って喜んでいる笑顔が目に浮かぶようです。
病院では治らない症状が1年も続いたのに、あきらめずに完治を目指して頑張られたご一家皆さんの願いが天に届いたのでしょう。
これからもご一家揃って健康で楽しい毎日を送っていただきたいとスタッフ共々お祈りしています。

≪お手紙の内容≫

一掌堂治療院のみなさんへ
ご無沙汰しております。みなさん、お変わりありませんか?我が家は元気にしております!
3月、1ヶ月間通院させていただきましたが、新型コロナウイルス感染予防のため、4月から外出制限すると決め、現在に至ります。
今日は娘の耳の状態についてお知らせしたく、手紙を書いております。
3月31日の治療後、両耳に置き鍼のチタンテープを貼っていただきました。右耳の閉塞感はまだ少し残っていたのですが、4月3日に「両耳とも抜けている。治った!!」と喜んでいたので様子をみていましたが、4月5日におそるおそるテープをはがしました。
はがしたせいでまた耳が詰まってしまうかも…と1日に何度も「どう?」と尋ねていましたが、娘は「大丈夫!!」と言っておりました。それから1ヶ月が過ぎましたが、今日も両耳が抜けた状態を保っています!!
外出できない毎日ですが、快適な耳でビデオを観たり、ゲームをしたりしています(笑)
昨年3月に娘が耳の詰まりを訴えてから、近所の耳鼻科から大学病院まで私なりにどうにか治ってくれないかと思い試行錯誤を重ねてきましたが、結局治らないまま1年が経とうとしており、耳が不都合なままの日々を本当に申し訳なく思っていました。
他に治せる方法はないのかインターネットで調べ、たどりついたのが一掌堂治療院でした。
9歳の娘に鍼治療を受けさせることに随分迷いましたが、自分(私)の受けたことがある鍼治療の経験と、ホームページに4歳の子も受けたことがあるとあったこと、おそらく痛くない治療だということを娘に話し、治療を受けるか尋ねたところ「治したい!やってみる」と強い気持ちを聞くことができ、予約を取りました。
初日はとても緊張していたようですが、治療中は苦痛など少しもなく、むしろリラックスできる院内や先生方の雰囲気がとても心地良かったようでした。
どんな病気も本人にしかその辛さは分かりませんが、特に耳の不調は娘のように病院の検査の数値に表れないことも多々あり、本当に分かりづらいものだと思います。
治療院のみなさんは、いつもとても丁寧に状態を聞いて治療にあたってくださったことが完治に至ったのだと思います。
みなさんの“掌”のパワーがしっかり伝わっていたんだと思います^^
娘の耳は治りましたが、安心して外出できるようになったらまた鍼に行きたいと、その日が来るのを待っています。
みなさん、次にお会いできるまで、どうかお元気で!!

2020.04.28

4月30日 一掌堂治療院再開 及び 院内のコロナ対策のお知らせ

患者様とスタッフの安全安心のため、4/13より休診させていただいておりましたが、
緊急性を要する耳の不調への対応等のご要望が高まりましたので、
万全の体制を整えて4/30より治療を再開することにいたしました。

一掌堂治療院の三密を避ける対策は、

1. 密閉を避けるために、玄関と窓を開放して換気します。

2. 密集を避けるために、待合室への入室は5人までとし、受付では2メートルの間隔を取っていただきます。

3. 密接を避けるために、受付にはシールドを設置しました。

受付担当はマスクとフェイスシールドを装着しております。

来院から治療、お帰りまでの流れは、

1. 入室する前に、発熱、咳、味覚障害、嗅覚障害、だるさ、息苦しさ等がないかお伺いします。
ご本人だけでなく同居の方、職場の方に同様の異常がないかどうかも申請してください。

2. 異常がない場合は、手指を消毒の上、お渡しする使い捨て手袋を装着して、入室していただきます。
この手袋は、治療が終了してから治療院のビルを出るまでつけてください。
その後は、ご自身で適宜衛生に配慮して処分してください。


※ご使用のスリッパ、ドアノブ、カウンター、ロッカー等の消毒は、時間を決めて行っております。

スタッフの対応は、

1. 治療スタッフはマスクとフェイスシールドを装着しております。

2. 治療中のスタッフは、ゴム手袋もしくはクリーンフィンガーを装着。術前・術後は手指の消毒を徹底しております。

3. ハリと術部の消毒は、従来通り完璧に行っております。
4. 問診は座位で、従来より離れて行います。
5. 枕カバーは、使い捨てのカバーを使用します。


以上のように、安心して治療を受けていただける体制を整えましたので、よろしくお願いいたします。

さらに、ご不安、ご希望がございましたら、お申し越しください。
できるだけ、対応してまいりたいと考えております。

全てのお知らせはこちら

  • TEL・FAX

    03-3591-0505予約制

  • 受付時間

    受付時間:10:00~19:30(土曜 ~17:30)

  • 所在地

    東京都港区新橋 2-10-5 末吉ビル5F
    03-3591-0505

  • 電車でお越しの方へ

    JR新橋駅日比谷口(北改札)を出て、目の前のSL広場を抜けて、「LABI新橋デジタル館(ヤマダ電機)」と「かんべ土地」の間の「仲通り」をまっすぐ進む。最初の信号の交差点を渡って、左に曲がり、約50m先のコンビニエンスストア(FamilyMart)のビル5F。

  • お車でお越しの方へ

    駐車場がありませんので、近隣の路上パーキングメーター、近くのニュー新橋ビルの駐車場などをご利用ください。